鼻修正のやり方【他院修正、鼻中隔延長、鼻先形成、隆鼻術 、ハンプ修正(自家組織/肋軟骨)】

nose case2 oblique with explanation
nose case 2 side view
nose case 2 side view with explanation

術式

鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻術、他院修正 (自家組織) 肋軟骨

施術内容

他院にて鼻先に軟骨移植、鼻筋にはシリコンを入れられた方が修正目的でいらっしゃいました。

『鼻手術を受けたけど、鼻先が沈んで低くなっている。ハンプも直したかったのに全然よくなっていないから綺麗にして欲しい。』とのご要望でした。

診察してみると、確かに鼻先は下がっていて、鼻先も若干潰れていていわゆるピンチノーズにもなっていました。また、鼻すじにはシリコンが入っているものの、ハンプという出っ張りの処理をきちんとしていないために、横から見るとワシ鼻が改善していませんでした。

何が問題なのか

  1. 間違った鼻尖縮小をされている
  2. 土台が弱い鼻先に、軟骨移植をされている
  3. ハンプの処理をせずにシリコンを入れている

大きく分けるとこの3点になります。まず、鼻尖縮小ですが、この方のように鼻先の軟骨に糸をかけてやみくもに幅寄せをされたであろう症例を診ることが良くあります。 しかし、それでは綺麗な鼻先は得られません。この方も例外ではなく、鼻先がつまんだように細くなるピンチノーズという状態になっていました。

2点目に、この方の鼻先には軟骨移植がされていましたが、鼻先は高くなるどころか垂れ下がっていました。実は鼻先にかかる力は想像以上に強く、弱い土台に軟骨移植をすると長期経過で下がってきてしまいます。

3点目に、ハンプという鼻筋の中央にある出っ張りは、鼻の骨と軟骨成分から成る場所で、大きさや形状によって正しい処理の仕方が変わってきます。それを行わずにインプラントを挿入するとこのような結果になります。

総じて、鼻の手術はとても複雑です。正しく行えば、鼻だけではなく顔が立体的になり、全体の印象がとても良くなる素晴らしい手術ですが、一つ一つの手術操作に正確性と確実性を求められる難易度の高い手術になります。

形成外科専門医のみが取得できるJSAPSの美容外科専門医として、初回手術から修正手術まで幅広く行なっておりますので、何かありましたらいつでもご相談にいらしてください。

リスク・副作用

腫れ、内出血、感染、左右差、後戻り、曲がり、鼻閉感、イメージとの相違、違和感、傷あと、肥厚性瘢痕、ケロイド等